二次会ドレスも花嫁が主役!華やかに盛り上げましょう

体型カバーのできるドレス

ウェディングドレス

赤ちゃんが宿ったことを機に結婚に踏み切るカップルは多いです。ここ最近では、こうした授かり婚をする夫婦も一般的になりました。あれやこれやと準備をして、結婚式をするときには、少しお腹が目立ってくる頃になることがあります。赤ちゃんは嬉しいものですが、ドレスを着るときにはお腹が目立つのは気になりますね。お腹に注目を集めないためにも、妊娠中の挙式にはマタニティドレスを選んで着るのがオススメです。ドレスにはさまざまなラインのドレスがあります。その中でも体型カバーに優れたマタニティドレスとして使えるドレスタイプを選んではいかがでしょうか?まず、マタニティドレスとしてお腹まわりが目立たないことが重要です。この場合はハイウェストでお腹の部分はスカートで隠れるドレスを選ぶと良いでしょう。お腹のサイズに合わせてドレスタイプを考えることができます。まず、ほとんど目立たない妊娠4ヶ月までの間ならマーメイドラインやスレンダーラインといった体のラインを出すドレスでも十分に着ることができます。妊娠5ヶ月に入るとお腹が膨らみ始めます。挙式がその期間ならお腹の目立たないマタニティドレスを選ぶ方が良いでしょう。ハイウェストで裾に向かってスカートの広がるAラインドレスや、スカートがドーム状になるプリンセスラインやベルラインドレスを選べば、お腹部分に空間がありゆったりと着ることができます。写真に残る結婚式ですから、マタニティドレスで上手くカバーしましょう。