二次会ドレスも花嫁が主役!華やかに盛り上げましょう

体型カバーのできるドレス

ウェディングドレス

授かり婚も多くある現代では、妊娠中に結婚式をあげることになる場合があります。妊娠中でもお腹が目立たない、マタニティドレスとして利用できるドレスのタイプをピックアップ。

More Detail

気持ちを指輪に込める

リング

モチーフにさまざまな意味を持つハワイアンジュエリーは結婚指輪としてオススメです。おしゃれなデザイン性と特別な意味を持つモチーフやハワイ語を刻めば、一点もので二人だけの結婚指輪ができます。

More Detail

長く愛せる指輪選び

カップル

長く身につける指輪である結婚指輪は、選ぶ際に注意が必要です。デザインや保証、選ぶときにはこの点にも意識をして指輪を選びましょう。結婚指輪を選ぶ主なポイントを抑えておくことで失敗しない指輪選びができます。

More Detail

二次会も華やかに演出

ドレス

結婚式後の二次会ドレスも、やはり花嫁が主役です。厳粛な結婚式では着られなかったデザインも、二次会ドレスでは着ることができます。親族や、さまざまな年齢の参加者がいる場所では、花嫁として問題ないように花嫁衣装を選ぶことがほとんどです。親族や相手家族の希望に合わせてドレス選びをした花嫁も多くいるのが結婚式。しかし仲間内での参加が多い二次会であれば、自分の好みのドレスを選んできることができます。主役の花嫁として参加者に配慮しておくこととしては、二次会ドレスの豪華さです。また派手すぎる露出も気をつけましょう。豪華にしておく必要としては、参加者において「二次会でも花嫁が主役」が基本だからです。その主役の二次会ドレスが自分たちと変わらない程度だと、参加者にとっては少し引け目を感じます。花嫁が着る二次会ドレスは主役らしく華やかにしておきましょう。可愛らしいミニ丈のドレスや、大人っぽいマーメイドラインのドレス、神話の女神のようなエンペラーラインなどの憧れのドレスも良いでしょう。二次会こそ、花嫁が本当に好きな色や、形のドレスを着られる場所です。二次会では童話のお姫様や人気のプリンセスイメージのドレスを着る女性も多くいます。小さな頃から強く憧れてきたプリンセス達と同じイメージの衣装を着られる場所というのは、大人になるとほとんどありません。この機会に、自分の着てみたいドレスや衣装を選んで二次会を盛り上げてはいかがでしょうか?